長久手市立西小学校WEBページ随時更新中です。


blog6-nenishi.jimdofree.com Blog Feed

10/13(日)長湫の警固祭り


 本日、台風一過の爽やかな秋晴れの下、伝統ある「長湫の警固祭り」が盛大に開催されています。馬の背に標具(ダシ)を乗せ、鉄砲隊や棒隊などが警固し、長湫地区内を練り歩きながら、火縄銃を発砲し、景行天皇社・富士社へ奉納する勇壮な祭礼です。古くから尾張と西三河の農村部で豊年祭りとして行われており、愛知県の無形民俗文化財に指定されています。棒の手で参加している西っ子たちや、鉄砲と棒の手で参加している岩田先生・寺野先生・近藤先生も大活躍しています。
>> 続きを読む

10/11(金)修学旅行(9日~10日)を終えて



 大型の台風が近づいている中、その影響を微塵も感じさせない最高の秋晴れで二日間の日程を終えることができました。最初の見学地は京都観光人気No.1の清水寺でした。昨年度に引き続き修復工事中だったため入れない箇所もありましたが、子どもたちは清水の舞台から見える景色や音羽の滝を味わっていました。その後、班毎にガイドさんと打ち合わせをしてから、京都市内班別行動に出発しました。どの班も計画通りあるいは計画以上に見学することができ、大満足の表情で宿(聖護院御殿荘)に到着しました。子どもたちの安心・安全を確保し、見学地の解説までしてくださった現地ガイドさんには本当に感謝しています。御殿荘での豪華な食事や舞妓体験も、子どもたちの心に強く残ったと思います。二日目は東大寺・法隆寺を見学し、世界最大と世界最古の木造建築等を体感することができました。平等院鳳凰堂をコースから外したため、子どもたちは東大寺で、ゆとりをもって過ごすことができました。鹿への餌やり、大仏の鼻の穴(柱)くぐり、二月堂見学等も堪能することができました。昨年度同様、西小学校は、“初日京都→二日目奈良”のコースでした。今年度もその逆の学校が多かったためか、どの見学地も予想よりかなり空いていました。渋滞や駐車場でのロスタイムもなく、天候と合わせて運の強さを感じました。その他、バスガイドさんとの交流、宿泊部屋での夜の語らい、売店でのお土産購入等、どれをとっても最高の思い出になったと思います。私が何より嬉しかったのは、人生で一度しかない小学校の修学旅行に全員が参加して全員が無事に帰ってこられたことです。保護者の皆様はじめ、この旅行を支えてくださった全ての方々に感謝です。ありがとうございました。
>> 続きを読む

10/11(金)ヘビの抜け殻
 昨日のハッピータイム、3年児童が鉄棒練習をしていたら、校庭の溝付近で巨大なヘビの抜け殻を発見しました。あまりにも綺麗に脱皮されていたため、しばらく校長室で保管することにしました。私が子どもの頃、「ヘビの抜け殻の一部を財布に入れておくと、中のお金が増える」という迷信が広まっていました。そのため、誰かが抜け殻を見つけたらみんなで分け合い、こぞって財布に入れていました。しかし、これほどまでに完璧な形をした抜け殻を見るのは初めてで、目や口の形まではっきりと残っています。全長が160cm以上あるため、アオダイショウの抜け殻だと思われます。ヘビは何度も脱皮を繰り返して大きくなっていきます。毒のないアオダイショウは昔から縁起の良い動物と言われ、その抜け殻は最強の縁起物とも言われています。一段と成長したアオダイショウが、どこかで西っ子を見守っているかもしれません。
>> 続きを読む

10/10(木)給食試食会(PTA研修部)
 本日、PTA研修部による給食試食会が開催されました。毎年、修学旅行中に行っている企画で、40名近い保護者が参加しました。食事前に長久手市給食センター栄養士の深尾直美さんから、本日の献立についての説明がありました。以前、給食の麺類といえばうどんのソフト麺だけでしたが、文科省の「給食を通して、食文化の学習を」という指示に基づき、中華麺・きしめん等、今は麺類の種類が増えています。本日の献立は、ちゃんぽん麺・小籠包・ナムル・おさつスティックでした。長久手市自慢のおいしい給食に、参加者は舌鼓を打っていました。
>> 続きを読む

10/8(火)修学旅行に向けて


 明日朝、6年生が修学旅行に出発します。9日(水)は、清水寺を見学した後、京都市内での班別行動となります。10日(木)は、奈良で東大寺・法隆寺を見学して学校に帰ってきます。京都市内班別行動に向けて、事前に班ごとで話し合って見学場所(2~4箇所)を決め、順路や交通手段等の計画を立てました。班別行動の一番人気は二条城で、8つの班(全16班)がコースに入れています。次に、三十三間堂と伏見稲荷神社が6班、金閣寺と平安神宮が5班と続きます。それぞれの班に、現地のガイドさんが同行してくださるので安心です。6年担任陣から、昨年度同様、事前に講義をしてほしいと依頼があったため、4日(1組)と7日(2組)、主に幕末京都に関する校長特別講義を行いました。この講義により、千年以上も日本の都であり続けた京都への思いが深まり、新たな視点で京都を学ぶきっかけになってくれたら嬉しいです。台風が近づいてきていますが、幸い修学旅行期間中は好天に恵まれそうです。子どもたちの一生の思い出に残る修学旅行になるよう、安心・安全を第一に考えて引率して参ります。ご理解・ご協力をよろしくお願いします。。※ブログ5の容量がいっぱいになったため、本日よりブログ6に入ります。過去のブログ1~5も観ることができます。
>> 続きを読む

blog5-nenishi.jimdofree.com Blog Feed

10/7(月)朝会(任命式等)
 本日の朝会で、後期委員会委員長と後期学級委員(4~6年)の任命を行いました。「校長先生のお話」概要は次の通りです。「先ほど任命した後期委員会委員長そして後期学級委員、皆さんの活躍を期待しています。みんなで、世界一の西小目指して共に頑張りましょう。さて、今週(9日・10日)は修学旅行があります。校長先生も6年生と一緒に京都・奈良へ行ってきます。その間は、5年生の皆さんが最上級生ですよ。京都・奈良は、国宝や世界遺産がたくさんあるすばらしい都市です。1~5年生の皆さんも6年生になったら、修学旅行で京都・奈良に行けるので楽しみにしていてくださいね。また、13日の日曜日には『警固祭り』もあります。長久手市民の『警固祭り』への情熱は、半端ないですよね。この中に火縄銃(鉄砲)を所有する家もたくさんあるでしょう。まさに、長久手市民の魂のようなお祭りだと思います。この祭りに、棒の手で参加する西っ子がたくさんいます。また、岩田先生・寺野先生・近藤先生も、鉄砲と棒の手で参加します。朝から隊列(鉄砲隊等)が校区内を練り歩くので、西っ子のみんなが何らかの形で祭りを感じることができるでしょう。そこで感じた市民の祭りへの思いを、是非、受け継いでいってほしいと思います。長久手の未来は、君たちの手にかかっています。」
>> 続きを読む

10/4(金)西小ミステリーツアー10(続:名古屋城)

 この「西小ミステリーツアー」シリーズは、昨年の10月18日に西小名古屋城からスタートしました。今回、10回目という節目に、西小名古屋城にまつわる新たな情報をお知らせします。以前、長久手市役所内の教育長室に入らせていただいたとき、窓の外に堂々とそびえたつ名古屋城を発見しました。西小名古屋城より保存状態が良く、シャチホコまでしっかり付いていましたが、よく見ると細部にわたるまで西小名古屋城とそっくりです。ひょっとしたら同一の作者ではないかと思い、長久手市教育委員会の方々に名古屋城について質問してみました。すると、ミステリーツアー8(モンゴルからの贈り物)でも登場した鈴木先生から貴重な情報を得ることができました。鈴木先生によると長久手市内に名古屋城のミニチュアは、かつて三つあったということです。長久手市役所と西小学校の他、今はなき「川之武」という仕出し屋の庭にもあったそうです。西小名古屋城については、西小OBの写真屋さんから、昭和53年度に第3回卒業生の保護者が寄贈したのではないかという情報が入りましたが、その方が、同じ時期に市役所と仕出し屋にも寄贈したのかもしれません。観察園という林の中でひっそりとたっていた名古屋城は、エアコン設置工事の関係で隣に変電設備が設置されたため、むき出しになり西っ子の目に触れやすくなりました。市役所の名古屋城と共に、これからも多くの人の目を楽しませてくれることを願っています。
>> 続きを読む

10/3(木)避難訓練

 本日の2時限目、火災(防火シャッターが閉まっている想定)の際の避難訓練を実施しました。継続的な防災教育と緊急放送直前の防災ビデオ視聴により、これまで以上に真剣な様子で避難することができました。「ハンカチで口を覆い、体を低くして避難」や「おさない・はしらない・しゃべらない・もどらない」は、ほとんどの児童ができていたと思います。9月5日に家庭数で配付した「命のメモ」の返信に関するプリントを、本日配付しました。「命のメモ」を参考に、ご家庭でも、京都アニメーションの事件や千葉の大停電を話題にするなどして、「備えあれば憂いなし」「自分の身(命)は自分で守る」といった防災意識を高めていただけると幸いです。
>> 続きを読む

10/2(水)校外学習(1年・3年)、PTAボランティア


 本日の午前、1年生が景行天皇社、3年生が日東工業で校外学習を行いました。1年生は生活科の学習として実施し、景行天皇社の境内で木の実や木の葉など秋の自然物を採集しました。3年生は社会科の学習として実施し、工場で働く人の工夫や努力を調べたり自分たちの生活との関わりを考えたりしました。どちらの学年も行き帰りは徒歩でしたが、天候にも恵まれ安全に歩行することができました。ハッピータイムには、PTA図書ボランティアによる「おはなし会」が生活科室で開催されました。絵本「おばけのてんぷら」と紙芝居「なんにもせんにん」の2作品を上演してくださいました。また、先日、PTA花ボランティアにより、ハロウィンの飾り付けが花壇等に施されました。保護者・地域の方々のご支援・ご協力に、ただただ感謝です。
>> 続きを読む

10/1(火)「棒の手部」活動開始
 本ブログでも度々取り上げている「棒の手」は、長久手近隣に伝わる伝統芸能で、同じ長久手市内でも地域により様々な流派があります。本校では、講師として来てくださる地元の名手の方々が、「西小流棒の手」として、本校独自の流派をつくってくださいました。そして、平成14年度から脈々と受け継がれ、学習発表会で披露されています。今年度は8名の部員が集まり、11月16日(土)の学習発表会本番までに計11回の練習を行います。「棒の手部」で習う「西小流棒の手」は、女子も参加することができるなど、地域の伝統との相違点もあります。10月13日(日)には、西小学校を拠点として、市民の魂とも言える「長湫の警固祭り」が盛大に開かれ、更にたくさんの西っ子が「棒の手」に参加します。「長湫の警固祭り」や「棒の手部」に参加して、多くの西っ子が地域の伝統を継承していることは本当に喜ばしいことです。
>> 続きを読む

9/30(月)朝会(任命式等)
 今日の朝会では、後期児童会役員の任命と前期児童会役員の退任挨拶等がありました。「校長先生のお話」概要は次の通りです。「先ほど任命した後期児童会役員の皆さん、その表情や姿勢からやる気を感じました。さらによい西小学校を目指してください。共に頑張りましょう!そして、退任した前期役員の皆さん、本当にお疲れ様でした。皆さんの挨拶から西小学校愛を感じました。さて、昨日の三世代運動会では、たくさんの西っ子が活躍していましたね。また、先週の金曜日に行われたフィギュアスケートの大きな大会で、6年1組の山根有加里さんが見事優勝しました。すばらしい快挙です。11月8日に文化の家で行われる長久手市小中学校音楽発表会には、西小学校の代表として6年2組が出場することになりました。みんなで応援しましょう!このように、西っ子たちがいろいろなところで活躍していることが、先生はとっても嬉しいです。ラグビーのワールドカップでは、日本代表が大活躍しています。アイルランド戦の勝利は、世界を驚かせ夢と希望を与えました。目標に向かってあきらめず頑張り続ければ、不可能と思われていたことも乗り越えることができます。皆さん、これからもいろいろなことにチャレンジして、夢中になって取り組んでくださいね。」
>> 続きを読む

9/27(金)市小中学校音楽発表会校内選考会
 昨日、11月8日(金)に長久手市文化の家で開催される、長久手市小中学校音楽発表会の校内選考会を実施しました。5時限目の体育館で4・5年生を観客として、6年生が2組・1組の順に「つばさをだいて」を歌い上げました。この日に向かって、どちらのクラスも毎日練習して、学級全員の心を一つにしてきました。鑑賞した児童は、気持ちの入った見事なハーモニーに、真剣に聴き入っていました。選考会直後の審査員(音楽専科・校長・教頭・教務主任・校務主任)の会議で2組が学校代表に選ばれ、本日のハッピータイム、私から6年生にその結果を発表しました。西小学校の代表となった2組は曲を替えて本番に臨みます。きっと、1組や学校中の思いを受けて、更に感動的な歌声を披露してくれることでしょう。
>> 続きを読む

9/25(水)5年2組社会科研究授業

 以前、本ブログで記載したように、西小学校では“授業は教師の命”をモットーにしています。そして、現職教育のテーマを昨年度から引き続き「自ら考え、学び合う児童の育成~伝え合う活動を通して~」に定め、全教員の授業力向上を図っています。経験年数や立場を問わず、全教員が年間最低1回の授業研究を行い、指導案作成から研究授業・研究協議会に至るまで教員同士で学び合い切磋琢磨しています。本日は、5年2組で社会科の研究授業が行われました。「わたしたちの生活と食料生産」という単元内の授業で、これからの米づくりが抱える問題とその解決策が話し合われました。食生活の変化により、米の消費量は年々下がってきています。しかし、米は日本人の主食であり、どういう食べ方をしても本当においしいと思います。世界中で寿司ブームが起こっているように、日本でも米の魅力が再認識され、消費量が上がっていくことを切に願っています。
>> 続きを読む

9/24(火)4年校外学習「晴丘センター」
 9月9日(月)・17日(火)・24日(火)の三日間、4年1・2・3組がそれぞれ、尾張旭市のごみ処理施設「東部衛生組合晴丘センター」で校外学習を行いました。学習のねらいは「社会科の学習としてごみ処理場を見学し、燃えるごみと燃えないごみの処理の仕方を学習するとともに、自分たちの生活環境維持のための努力や工夫を知る」です。「晴丘センター」は、長久手市・尾張旭市・瀬戸市の3市から出されるごみを扱っています。子どもたちは、初めて見るごみ処理のスケールの大きさ等に圧倒されながら、懸命に説明を聞いたりメモをとったりしていました。ここで得た学びを、更に発展・深化させていってほしいと思います。
>> 続きを読む

9/20(金)「ちょっといい話」
 先日、地域の方が来校し、分団集合場所に置かれていた手提げ袋を持ってきてくださいました。中には、体育館シューズと体操服、そして図書室から借りた本が入っていました。地域の方は、本に貼ってある西小学校図書室のラベルから、西小児童の置き忘れだと確信して、わざわざ職員室に届けてくれたのです。シューズや体操服の記名から児童を特定して、対応した教員が教室まで届けに行きました。児童は、朝、分団集合場所に置いてきたことすら忘れていましたが、ほっとした表情を見せていました。改めて、西小学校は地域の方々に温かく見守られていることを実感しました。
>> 続きを読む

9/19(木)長北中体育祭

 本日、絶好の青空の下、長久手市立北中学校の体育祭が開催され、来賓として参観することができました。教員は、教え子の成長を実感した時に、最大の喜びを感じます。まだあどけなかった西っ子たちが、いろいろな場面で活躍している姿を観て、本当に幸せな気持ちになりました。帰り際に後方から、二人の女性に呼び止められました。よく見ると、私が若かりし頃に西小学校で担任した教え子でした。二人は、北中学校に通っている我が子の応援に来ているとのことでした。まさかの再会でしたが、20年以上の時を超えて思い出話等に花が咲きました。ここでも教え子の成長が実感でき、嬉しさ倍増で帰路につきました。
>> 続きを読む

9/18(水)3年校外学習(アオキスーパー見学)

 本日の午前、3年生がアオキスーパーで校外学習を行いました。徒歩で20分ほどかかるため降雨が心配されましたが、念のために各自で用意した傘を使用することはなく、涼しさを感じながら往復することができました。アオキスーパーでは、バックヤードや店内を見学したり従業員の説明を聞いたりする中で、販売に関わる仕事の特色や自分たちの生活との関わりについて考えることができました。毎年、快く見学を受け入れてくださるアオキスーパーには本当に感謝しています。
>> 続きを読む

9/17(月)愛知淑徳大学学校教育体験最終日

 9月2日(月)に始まった愛知淑徳大学学校教育体験も今日が最終日です。第1班(7名)・第2班(7名)ともにたった5日間の教育体験でしたが、彼らは懸命に子どもたちの中に入って、一緒に学んだり遊んだりしていました。まだ大学1年生の彼らが、どれだけ小学校教育の現状や児童の様子を理解できたか分かりませんが、教員を目指す上で大変貴重な体験になったことは間違いありません。
>> 続きを読む

9/13(金)授業公開・修学旅行説明会

 本日は、2時限目に授業公開(全学年)、3時限目に修学旅行説明会(6年生保護者対象)がありました。夏休み自由研究や野外活動の写真に見入っている保護者もたくさんみえました。子どもたちは朝から緊張した面持ちで、公開授業への意気込みが感じられました。西小学校は、“開かれた学校”“地域とともにある学校”を目指しているので、事前連絡さえあれば、いつでも気軽に授業を観に来ていただいて構いません。修学旅行(京都・奈良方面)は10/9(水)・10(木)に実施されます。説明会への出席率の高さや話を聞く様子に、保護者の関心の高さが表れていました。また、6年生の子どもたちも、京都市内班別行動の計画を立てる中で、日本の歴史や文化遺産について調べ、修学旅行への意欲や期待感を高めています。お忙しい中、たくさんの保護者の皆様にお越しいただき、大変ありがたく思っています。
>> 続きを読む

9/12(木)B’Rockオーケストラ招待公演
 本日の午前、長久手市文化の家「森のホール」で、市内の小学生5年生を対象にしたB’Rockオーケストラの公演が行われました。2005年に創設されたB’Rockオーケストラは、ベルギーの古楽オーケストラです。長久手市とベルギーのワーテルロー市が姉妹都市であることなどから開催が実現しました。18世紀以前の西洋音楽を、当時の楽器と奏法で演奏するのが古楽です。既存の考え方にとらわれない、ロックなバロックに子どもたちは大いに魅了されました。また、各自が持参したリコーダーで団員と共演したり、質問コーナーがあったりして、子どもたちを飽きさせないプログラムになっていました。1組の伊藤君が流暢な英語で質問すると、団員も通訳を通さず英語で答えてくれました。その内容を日本語に訳して、全体に披露する伊藤君は本当に格好良かったです。
>> 続きを読む

9/10(火)スズメバチの巣の駆除

 先週、飼育小屋のウサギに餌を与えに行った飼育委員が、ハチの巣を見つけました。大久保総括事務長は、それがコガタスズメバチの巣であることをつきとめ、自ら駆除しようと考えました。そして、市役所の環境課から防護服を借り、子どもたちの安全確保という一心から、危険を顧みず一人で果敢に挑みました。10分程度の格闘の末、直径約20cmの巣の駆除に成功しました。「コガタスズメバチじゃなければ、プロに依頼していた」と涼しげな表情で言ってのける大久保総括事務長の姿勢に、我々教員も大きな刺激を受けました。
>> 続きを読む

9/9(月)「親の育ち」家庭教育研修会
 9月9日(月)の午前中、本校の会議室にて、長久手市小中学校PTA連絡協議会主催の「親の育ち」家庭教育研修会が開催されました。愛知県教育委員会尾張教育事務所で家庭教育コーディネーターを務めている鍵本先生の紹介で、愛知県子育てネットワーカーの方を講師としてお迎えしました。研修会のサブタイトルは、~心の通うコミュニケーション・褒めること、叱ることを考える~です。市内小中学校PTA役員19名が参加し、寸劇ありワークショップありの研修会は大いに盛り上がりました。「振り返りシート」に書かれた内容の一部を紹介します。「叱ると怒るの違いが分かりました。自分も直していきたいと思いました」「自分の表現力の乏しさに気づけました。子どもの様子は見ているけど、もっと声を掛けて褒めてあげることが大切だと思いました」
>> 続きを読む

9/6(金)薬物乱用防止教室、ハッピータイムおはなし会

 6日(金)の2・3時限目、6年生を対象に薬物乱用防止教室を実施しました。講師は昨年度に引き続き、愛知警察署スクールサポーター早川知巳様でした。講話やDVD視聴、覚醒剤・大麻等の薬物標本の説明・見学といった内容で、中身の濃い2時間となりました。講話の中で話し合いと発表を取り入れたため、子どもたちはより主体的に学ぶことができました。ネット等で以前より身近な存在となった薬物から身を守るために、このような機会は大変重要だと考えています。ハッピータイムには、PTA図書ボランティアによる「おはなし会」が生活科室で開催されました。紙芝居「やさしいまものバッパー」と大型絵本「おじさんのかさ」の2作品を上演してくださいました。エアコン設置の効果もあり、2学期最初の「おはなし会」は大盛況となりました。
>> 続きを読む